絵本0歳

だるまさんの

 

今回の絵本の紹介は

『だるまさんの』でーす。

 

 

大人気の赤ちゃん絵本

「だるまさん」シリーズ2弾。

だるまさんが、かわいい小物を身につけて

出てくるんだけど

何が出てくるのかな。

次はだるまさんの、何が出てくるのだろう

と期待感を持たせてくれます。

かわいい繰り返し絵本なので、

ファーストブックにもおすすめの1冊です。

 

『だるまさんの』

あらすじ

「だ る ま さ ん の」

に合わせて、めがねをかけた

だるまさんが

体を左右にゆらして~

「め」

めがねをはずすと

うわっ!

だるまさんの目が大きくなった!!

 

だ る ま さ ん の

「て」

おぉ~!大きな手の爪に、

だるまさんの顔が!!

だ る ま さ ん の・・・・

「は」 「け」も!!

最後は、だるまさんの

「お」

 

んんん??

しっぽ??

「お」

あったっけ?

というユーモアも

忘れていません!!

 

ぶたおくん
ぶたおくん
だるまさんの小物に注目だね
とり子さん
とり子さん
うん!小物が大きくなる

ヒントになってる

ぶたおくん
ぶたおくん
この、だるまさんの横揺れの動きが可愛すぎ!
とり子さん
とり子さん
シリーズに共通してる

動きよね!!

 

 

「だ・る・ま・さ・ん・の」

リズムが良く、ページをめくる期待が

溢れる絵本です。

勿論、期待を裏切りません!!

ユーモアのある、

だるまさんシリーズ第2弾

お子さんと笑顔になれます!!

発行部数は155万部のミリオンセラー

ファーストブックにもおすすめの1冊です。

 

 

 

絵本

『だるまさんの』

   の情報

著者:かがくい ひろし

出版社:ブロンズ新社

出版年:2008年8月8日

ページ数:20ページ

おすすめ対象年齢:0歳、1歳、

 

かがくいひろしのえほん

「もくもくやかん」(講談社)

「おむすびさんのたうえのひ」

(PHP研究所)

「まくらのせんにん

さんぽみちの巻」(佼成出版社)

著者、かがくいひろしは1955年

東京生まれ。東京学芸大学卒。

教諭として学校勤務のかたわら

人形劇の活動や紙を使った

造形作品を発表。

2005年、『おもちのきもち』

(第27回講談社絵本新人賞受賞作品)

で絵本作家としてデビュー。

子どもの目線に立ったテーマ選びと、

ほのぼのとした画風が人気を集め、

話題作を多数発表。

2009年9月急逝。

 

 

☆受賞歴☆

☆受賞歴
☆第1回 MOE絵本屋さん大賞

新人賞 第1位
☆第1回 MOE絵本屋さん大賞

総合部門 第18位