絵本1歳

うずらちゃんのかくれんぼ

 

今回の絵本の紹介は

『うずらちゃんのかくれんぼ』でーす。

 

 

花や豆に似せて隠れた、

うずらちゃんやひよこちゃんを探します。

色彩豊かなイラストと、

リズムのよいおはなしが魅力です。

後半はおどろおどろしい空から

雨が降り出し、

うずらちゃんとひよこちゃんは

不安で泣き出しますが、

最後はほっとする結末が待っていますよ。

 

 

『うずらちゃんのかくれんぼ』のあらすじ

 

うずらちゃんとひよこちゃんが、

かくれんぼを始めました。

「じゃんけんぽん!」で

うずらちゃんの勝ち。

最初はうずらちゃんが隠れます。

「もういいかい」「まあだだよ」「もういいかい」「もういいよ」。

さて、うずらちゃんは

どこに隠れたのかな?

お花や、きのこなどに隠れていると

ぽつんと雨が降ってきます。

どんどん降る雨、うずらちゃんと

ひよこちゃんは悲しくなしました。

すると、向こうに大きな影が!!

あれは何?おばけ?

さあ、大きな影の正体は

何だったのでしょうね。

親子でやりとりが楽しめる

絵探しの絵本です。

 

 

とり子さん
とり子さん
「どこにかくれてのかな」

って探すの好きだよね

ぶたおくん
ぶたおくん
ここ!って

見つけるのが早い!!

とり子さん
とり子さん
「もういいかい」って一緒に言ったりもして、子どもの

可愛い姿もみれちゃう

ぶたおくん
ぶたおくん
繰り返し絵本なんだけど、

ほっこりもさせてくれる!

最高!

 

 

うずらとひよこが

かくれんぼを始めました。

色と形を上手に使って、花に隠れたり、

ひょうたんに隠れたり・・・。

うずらちゃんと一緒に、

楽しいかくれんぼ遊びのできる絵本です。

愛子さまのお気に入り絵本としても

注目を集めた、

1994年初版のミリオンセラー!!

 
 

 

絵本

『うずらちゃんのかくれんぼ』

の情報

 

著者:きもと ももこ

出版社:福音館書店

発行年:1994年2月25日

ページ数:32ページ

おすすめの対象年齢:1歳から

 

 

 

著者、きもとももこは1966年、

東京生まれ。

武蔵野美術大学卒業。

出版社勤務のかたわら、

絵本を描き続け、

「うずらちゃんのかくれんぼ」

がデビュー作。

 

他に「うずらちゃんのたからもの」、

「ピーのおはなし」、

「かえるくんのおさんぽ」

(福音館書店)などがある。