絵本4歳

どこどこどこ

 

今回の絵本の紹介は

『どこどこどこ』でーす。

 

 

いろんな人、いろんな物が、

いろ~んな所にかくれているよ。

さがして、みつけて大爆笑!

子どもも大人も一緒に挑戦してみて

さあ、どこどこどこ?

 

 

『どこどこどこ』

   のあらすじ

 

「ほーら たけし 高いだろ。

どうしたんだ?たけし。」

「おしっこ!」

「えっ、おしっこ。

ト、トイレどこだ トイレ。

我慢できるか?トイレ トイレ

トイレー

どこどこどこ。」

 

広い遊園地!

トイレに、迷子の子ども、

麦わら帽子のおじさん

犬が一匹、どこどこどこ!

 

さあ、見つけられるかな

 

最後には・・・・

「うそ、えっ。

じょうがいホームラン

じゃないか!」

見つからなかった、

ホームランボールが!

 

どこどこどこ

どこどこどこ・・・・

見つけられたかな?

 

 

とり子さん
とり子さん
見つけるのが、なかなか難しい
とり子さん
とり子さん
絵がぎっしり描かれてるんだもん!
ぶたおくん
ぶたおくん
他の問題を作ったりしてもいいかも
とり子さん
とり子さん
絵が凝ってるから、色んな問題をつくれるよね

 

 

 

講談社出版文化絵本賞受賞などで

現在人気沸騰中の長谷川義史先生の

入魂の一冊!!

ストーリーもあって、探すのが

楽しくなっちゃう。

大人も、どこどこどこの

フレーズに誘われますよ!

 

<どこどこどこ 楽天なら↓>

 

 

絵本

『どこどこどこ』

   の情報

 

著者:長谷川義史

出版社:ひかりのくに

発行年:2004年1月

ページ数:32ページ

おすすめの対象年齢:4歳から

 

 

 

著者、長谷川義史は1961年、

大阪府生まれ。

 

グラフィックデザイナー、

イラストレーターを経て、

『おじいちゃんのおじいちゃんの

おじいちゃんのおじいちゃん』

(BL出版)で絵本デビュー。

 

『うえへまいりまぁす』

(PHP研究所)、

『やまださんちのてんきよほう』 (絵本館)、

『きみたちきょうからともだちだ』(朔北社)、

『おへそのあな』(BL出版)、

『いろはのかるた奉行』(講談社)など、

ユーモアあふれる作品を発表。

 

2003年、『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で

講談社出版文化賞絵本賞、

2005年に『いろはにほへと』

(BL出版)で日本絵本賞を受賞。

2008年に『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で

日本絵本賞、小学館児童出版文化賞を受賞。