絵本3歳

ゆかいなかえる

 

今回の絵本の紹介は

『ゆかいなかえる』でーす。

 

 

 

水の中の4つのたまご。

4匹のおたまじゃくしとなり

4匹のカエルになり

冬眠するまでの1年間を描いた1冊。

 

かえるたちは、泳ぎの競争をしたり、

かたつむりをかくしっこしたり、

ときには敵から身をかくしたりと

仲よく愉快にくらします。

かえるたちの楽しげな暮らしをとおして、

かえるの生態などにも

自然と興味がわいてきますよ。

1961年にアメリカで、

1964年に日本で出版され、

以後ロングセラーを続ける名作絵本です。

 

 

『ゆかいなかえる』

    のあらすじ

 

水の中に ぜりーのような

たまごが。

たまごの中には  黒いてんてん。

魚がやってきて ぱくっと

食べた。

でも 4個のたまごだけ

流れていった。

黒いところが大きくなって、

しっぽがついたら

おたまじゃくしだ。

足がはえ、しっぽは

どんどん縮んでいった。

そして、ほら 4匹のかえるが

もぐったり およいだり

あそんだり…

 

あそんでいると あぶない!

さぎやかめに襲われても

楽しく隠れる、4匹のかえるたち。

夏中 かえるはうたってあそぶ。

そして雪の降る ふゆがくると、

あたたかい 土の中で眠ります。

 

 

とり子さん
とり子さん
タイトル通り、

ほんとに愉快なかえる!

ぶたおくん
ぶたおくん
カメが来た時の、逃げ場も愉快!!

え?そこ??ってね

とり子さん
とり子さん
楽しい絵本だけど、かえるについても学べる!
ぶたおくん
ぶたおくん
たまごからの成長と、かえるの1年が描かれているのがポイントだね

 

 

子どもたちの大好きな小動物

かえるの1年間の物語が、

ユーモラスに描かれた楽しい絵本。

青と緑だけで彩られた美しいこの絵本は、

子どもだけでなく大人の心も

とらえる魅力にあふれた、

ゆかいな1冊です。

 

楽天はこちら↓

 

 

絵本

『ゆかいなかえる』

   の情報

著者:ジュリエット・キープス/作

石井 桃子/訳

出版社:福音館書店

出版年:1964年7月15日

ページ数:24ページ

おすすめの対象年齢:3歳から

 

 

 

 

石井桃子の絵本

「くいしんぼうのはなこさん」

「ありこのおつかい」

(以上福音館書店)、

翻訳に「クマのプーさん」

「たのしい川べ」(以上岩波書店)など多数。

 

石井桃子は、1907年

埼玉県生まれ。

日本の児童文学作家・翻訳家。

数々の欧米の児童文学の

翻訳を手がける一方、

絵本や児童文学作品の創作も行い、

日本の児童文学普及に貢献した。

1951年に「ノンちゃん雲に乗る」

で文部大臣賞受賞。

1953年児童文学に貢献

したことにより菊池寛賞受賞。

 

 

 

☆受賞歴☆

☆厚生省中央児童福祉審議会

推薦図書

☆日本図書館協会推薦図書