絵本2歳

おやすみ、はたらくくるまたち

 

今回の絵本の紹介は

『おやすみ、はたらくくるまたち』

でーす。

 

 

ニューヨークタイムズ

ベストセラーリスト第1位!!

乗り物大好きな子どもたちに贈る

“おやすみなさい”の絵本。

広い広い工事現場では、

道を作ったりビルを建てたりするために、

たくさんの車が働いています。

やがて日が沈むころ、車たちは

ようやく一日の仕事を終え、

思い思いに“おやすみ”のしたくを

はじめました。

そして夜がおとずれ、

車たちはそっと目をとじ、

夢を見はじめるのです。

 

 

『おやすみ、はたらくくるまたち』

  のあらすじ

 

ひろい ひろい こうじげんばでは

せっせと はたらく くるまたち。

ビルを たてたり、みちを

つくったり、

がんがん はたらく ちからもち。

 

あさから ずっと はたらいて、

そろそろ あくびが でるけれど、

きょうの しごとは

あと すこし。

もう ひとがんばりで

おしまいだ。

だんだん くらくなってきた。

 

ながい ブームを

するする ちぢめ、

ゆっくりと からだを まるめ、

しずかに めをとじる。

しーっ…

おやすみ、クレーンしゃ、

おやすみ。

ミキサー車に、ダンプカー・

ブルドーザー、

こうじげんばの くるまたち、

みんなぐっすり ねむってる。

きょうは これで おしまい。

でんきを けして、ねるじかん。

しーっ…

おやすみ… ゆっくり おやすみ!

 

 

とり子さん
とり子さん
働く車絵本だから、男の子におすすめ!
ぶたおくん
ぶたおくん
それぞれの仕事が描かれていて、わかりやすい
とり子さん
とり子さん
車の特徴をいかした眠り方なんかも、面白いよね
ぶたおくん
ぶたおくん
寝る前に、読んであげるのもいいね!

 

 

 

作者のシェリーさんの息子は、

車が大好き。

寝る前に車と聞くと、興奮して

眠れなくなってしまいます。

そこで、働く車たちが

一日中元気に活躍し、

夜になるとエンジンを止めて

眠りにつく様子を親子で想像すると…

ぐっすり、すやすや。

子どもたちの安らかな

眠りのための絵本です。

 

楽天はこちら↓

 

 

絵本

『おやすみ、はたらくくるまたち』

   の情報

 

著者: シェリー・ダスキー・リンカー
絵: トム・リヒテンヘルド
訳: 福本 友美子

出版社: ひさかたチャイルド

発行年:2012年9月

ページ数:31ページ

おすすめの対象年齢:2歳から

 

 

福本友美子の訳書に、

『ダニエルのふしぎな絵』

『ないしょのおともだち』

『どろんこのおともだち』

『たったひとつのねがいごと』

(以上、ほるぷ出版)

『シモンのおとしもの』

(あすなろ書房)

『としょかんライオン』

(岩崎書店)

『りこうすぎた王子』(岩波書店)など、多数。

 

福本友美子は、

公共図書館勤務を経て、

現在は児童書の研究、

翻訳をしている。