絵本3歳

まくらのせんにん さんぽみちの巻き

 

今回の絵本の紹介は

『まくらのせんにん』でーす。

 

 

枕の姿をした、

愛敬たっぷりの仙人さまが、

ふたりのお供、敷き布団のしきさんと、

掛け布団のかけさんと共に繰り広げる、

アッと驚く、ほのぼの人情ばなしです。

シリーズ第1弾は、寒さにふるえ、

こまっているものたちを、

温めて元気づけてあげる、

人助けのお話。

布団にくるまれたときの、

あの幸福感が読者を包みこむ、

あったかーい絵本です。

 

 

『まくらのせんにん』

  のあらすじ

 

マシュマロのおみやげを

気に入った、仙人様。

ちょっと、最近食べ過ぎなようです。

しきさん、かけさんと一緒に

散歩に行くことになりました。

年老いた木は、枯れてしまって

寒くて寒くて ガタガタガタ

しきさん、かけさんが包み込んで

ふんわか ぬくぬく

ぬっくぬくー

親とはぐれて、

たまごからかえれなく

こまっている、たまごや

大根畑では霜にやられて

元気が出ない、大根たちも!

寒くて困ったものたちが

みんな、あったか~くなります。

 

 

ぶたおくん
ぶたおくん
登場するキャラクターが可愛い
とり子さん
とり子さん
内容もほのぼのしてるけど、キャラクターがゆるキャラでいいね
ぶたおくん
ぶたおくん
繰り返しのストーリーだけど、困っている人を助けるのがいい!
とり子さん
とり子さん
絵本を通して、そういうことを伝えられるのがいいよね

 

 

『まくらのせんにん』シリーズ第1弾は、

寒さにふるえ、

こまっているものたちを、

温めて元気づけてあげる、

人助けのお話。

布団にくるまれたときの、

あの幸福感が読者を包みこむ、

あったかーい絵本です。

心がほんわか温まりますよ。

 

 

楽天はこちら↓

 

絵本

『まくらのせんにん』

   の情報

 

著者:かがくいひろし

出版社:佼成出版社

発行年:2009年1月30日

ページ数:32ページ

おすすめの対象年齢:3歳から

 

 

 

 

かがくいひろしの絵本

「もくもくやかん」(講談社)

「おむすびさんのたうえのひ」

(PHP研究所)

著者、かがくいひろしは1955年

東京生まれ。東京学芸大学卒。

教諭として学校勤務のかたわら

人形劇の活動や紙を使った

造形作品を発表。

2005年、『おもちのきもち』

(第27回講談社絵本新人賞受賞作品)

で絵本作家としてデビュー。

子どもの目線に立ったテーマ選びと、

ほのぼのとした画風が人気を集め、

話題作を多数発表。

2009年9月急逝。