絵本3歳

かいじゅうたちのいるところ

 

今回の絵本の紹介は

『かいじゅうたちのいるところ』

でーす。

 

 

文章が少ないので、

ゆっくりと絵の世界を

楽しめる絵本です。

ぎょろっとした

黄色い目玉のかいじゅうたちは、

一見怖く見えるかもしれません。

でも、文章のない絵のみの

かいじゅうおどりのシーンでは、

個性的なかいじゅうたちが

マックスと一緒に

とても楽しそうに踊っています。

思わず一緒に

踊りだしたくなってしまいますよ!

 

 

『かいじゅうたちのいるところ』

   のあらすじ

 

いたずらっこのマックスは、

おおかみのぬいぐるみを

着て大暴れ!

怒ったおかあさんに

夕飯抜きでほうり込まれた寝室は、

いつの間にか森や野原になり、

ボートに乗って着いたところは

「かいじゅうたちのいるところ」

かいじゅうたちの王さまになった

マックスは、

かいじゅうたちと一緒に

かいじゅう踊りをおどります。

かいじゅうたちを眠らせたあと、

さびしくなったマックスは

王さまをやめることにします。

「行かないで」って言う

かいじゅうたちを振り切って

ボートに乗り帰って来たところは、

温かい夕ご飯の置いてある

自分の寝室でした。

 

 

ぶたおくん
ぶたおくん
王さまになったり、かいじゅうたちと踊ったり、子どもたちがやりたいことだらけ!
とり子さん
とり子さん
お母さんに怒られて…ってよくあることから始まるのも共感できるし
ぶたおくん
ぶたおくん
夢が詰まっている話だよね
とり子さん
とり子さん
独特のイラストにも釘付けになるね

 

 

 

インパクトのある

かいじゅうたちの容姿。

そんな一見怖そうな

かいじゅうたちも愛嬌があって

チャーミングに描かれています。

実写映画化もされた作品で、

発行部数は国内だけで

123万部のミリオンセラー!

世界中では2000万部という

桁違いの発行部数をほこっています。

いろんな国の子どもたちに

愛されている大人気の絵本です。

 

 

楽天はこちら↓

 

絵本

『かいじゅうたちのいるところ』

   の情報

 

原題:Where the Wild Things Are

著者:モーリス・センダック/作

じんぐう てるお/訳

出版社:冨山房

出版年:1975年12月5日

ページ数:40ページ

おすすめ対象年齢:3歳から

 

 

 

モーリス・センダックの絵本

『まよなかのだいどころ』

『まどのそとのそのまたむこう』

(冨山房)

『ロージーちゃんのひみつ』

(偕成社)

『くつがあったらなにをする?』

(福音館書店刊)、他多数の作品がある。

 

著者、モーリス・センダックは

1928年アメリカ ニューヨーク生まれ。

アート・スチューデンツ・リーグに学ぶ。

国際アンデルセン賞、

ローラ・インガルス・ワイルダー賞、

アストリッド・リンドグレーン

記念文学賞などを受賞。

 

 

 

☆受賞歴☆

☆コールデコット賞
☆全米図書館協会選定
☆中央児童福祉審議会特別推薦
☆全国学校図書館協議会選定
☆日本図書館協会選定