絵本5歳

このあとどうしちゃおう

 

今回の絵本紹介は

『このあとどうしちゃおう』でーす。

 

 

メディアで話題沸騰の人気作家

ヨシタケシンスケさんの発想絵本!

 

死んだらどうなる?

どうしたい?

生きている間に考えてみよう。

死がテーマとなっており、

ユーモアがありながらも

考えさせられる1冊です。

 

 

 

おじいちゃんが死んで

おじいちゃんの部屋を

みんなで掃除していて

見つけたのは

「このあとどうしちゃおう」

と書かれたメモ!

 

「自分が将来死んだら

どうなりたいか

どうしたいか」

いっぱい書いてあった。

 

とり子さん
とり子さん
天国ってどんなとこだろ?って考えることはあるよね

でも・・・・

こんな神様にいてほしい

なんて考えますか?

しかも!!

温泉に入りながら

いろいろ相談にのってくれる

だって!!

 

ぶたおくん
ぶたおくん
そんなことまで思いつく??

っていう、ヨシタケさんの発想に笑っちゃいますよ。

いや、ほんとに

こんな天国があったらいいですね☆

 

 

著者:ヨシタケ シンスケ

出版社:ブロンズ新社

発売日:2016年4月22日

ページ数:32ページ

おすすめの対象年齢:5歳から

 

 

 

著者、ヨシタケシンスケ

1973年、神奈川県生まれ。

2児の父。

筑波大学大学院

芸術研究科総合造形コース修了。

日常のさりげないひとコマを

独特の角度で切り取ったスケッチ集や、

児童書の挿絵、装画、

イラストエッセイなど、

多岐にわたり作品を発表している。

『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で、

第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、

第61回産経児童出版文化賞美術賞

などを受賞。

 

著書に、

『しかもフタが無い』(PARCO出版)、

『結局できずじまい』『せまいぞドキドキ』

(以上、講談社)、

『そのうちプラン』(遊タイム出版)、

『ぼくのニセモノをつくるには』

(ブロンズ新社)、

『りゆうがあります』(PHP研究所)

などがある。

 

 

☆受賞☆

☆第51回 新風賞 受賞

☆第9回 MOE絵本屋さん大賞 第2位

☆第5回 静岡書店大賞児童書新作部門

第2位

☆2016年 とっとり秋の読書大賞2016