絵本2歳

うしろにいるのだあれ

 

今回の絵本紹介は

『うしろにいるのだあれ』でーす。

 

 

うみのなかまたちバージョンです!「○○さんの うしろに いるの だあれ」の繰り返し絵本。大きく描かれた絵は、とてもシンプルで見やすい!!柔らかさがあり、ほっとする絵になっていますよ。

 

 

「ぼくの うしろに いるの だあれ」と問いかけてくるストーリー。でも、ほら!よく見たら、後ろにカメさんがちょこんと、顔を覗かせていますね。こんな感じで、「○○さんの うしろに いるの だあれ」の問いかけには、必ず答えとなるヒントの絵が描かれているんです。そして、うしろばかりではなく、下・上・前といろいろ出てくるので、繰り返しの中にも、面白さもあり、テンポよく読み進めたり、お子さんとのやり取りを楽しんだりも出来る1冊です!!

 

 

最後の・・・・「かもめさんの したに いるの だあれ」のヒントを見てみると、あれれれれ???これってもしかして、いるかじゃない?そうなんです!ぐるぐる回って、いるかに戻ってくるんです!!

 

 

 

みんな、近くにいたんだ!っていう発見。このページには、海の生き物の様子が描かれているので、色んな話も出来そうですね。海の生き物が好きな子には、もってこいの絵本ですが、上・下なども、あそびの中で楽しく学べそうですね☆

 

 

うみのなかまたち以外にも、他にはこんなのもありますよ!!お子さんの好きなシリーズを選んでみて下さい!!