絵本3歳

ゆきがふったら

今回の絵本紹介は

『ゆきがふったら』でーす。

 

毎日、寒いですね。

雪が積もる地域は、大人は雪かきなど大変

でも、子どもは雪が大好き!

 

雪が積もったら、どんな遊びをしますか??

 

雪だるまを作る?

雪合戦??

 

このお話は、

そんな簡単なあそびではない!!

 

超本格的な雪遊びです。

見ているだけで、ワクワクしますよ☆

 

一晩中、しんしんと 降り続いた雪が

あたりいちめんを 白くかえる。

 

ガオーガオー、ゴーゴー、

じょせつしゃが やってきた。

じょせつしゃは、ゆきを おしのけて

たかい こやまに つみあげる。

 

こどもたちは あったかい ふくをきて

朝ごはんの ホットケーキを 急いで食べて

それから そとにとびだす。

 

このやまを どうしたらいい??

 

 

子どもたちの相談がまとまると・・・・

 

トンネルを つくって、

あなを ほって、

ちかどうを とおして、

ちかしつを ひろげる。

 

もう、すっごく楽しそう!!

そして、出来上がったのが・・・

 

 

☆こどもの あそびやま☆

 

ね、超本格的でしょ!!

こんなやまがあったら

一日中あきずに遊べちゃうね。

 

いや、遊んでみたい!!

 

雪を見たことのない、こどもにも

ぜひ、読んであげたい絵本です!!