絵本3歳

くれよんのくろくん

 

ライブドアブログ なないろな毎日を運営している makiです

今日ご紹介するのは幼稚園のお子さんにオススメの
絵本です

幼稚園児といえば毎日のように園で使うモノが
クレヨン

そんな子供達も普段から慣れ親しんでいる『クレヨン』が主人公の絵本です。

 

 

(アフィリエイト)

☆絵本の大まかなあらすじ

新しいくれよん達は箱から次々と飛び出して
真っ白な画用紙に絵を描き始めます

黄色くんはちょうちょを描き・・・

他の色の仲間たちも呼んで
遊びはじめます

赤さん・ピンクちゃんはお花を描き・・・
黄みどりさん・緑くんは葉っぱを・・・
黄土色くん・茶色くんは木を描き・・・
青くん・水色くんは青空を描き・・・

ところが・・・
くろくんだけは仲間に入れてあげないのです・・・

『みんなできれいに描いた絵を黒くされたら
たまらない!!』

くろくんがしょんぼりしていると、そこへ

シャープペンのお兄さんがやってきて
しょんぼりしているくろくんへ
みんなが描いた絵の上を黒く塗りつぶすように言います

驚きながらもくろくんが黒く塗りつぶすと
シャープペンのお兄さんがそこをシャープペンの先で
削っていきました

なんとそこへ浮かび上がったのは・・・・

夜空に浮かぶ花火の絵‼️‼️

他の色のクレヨンたちも大喜び‼️

シャープペンのお兄さんは
『花火の絵はくろくんがいたから描けたんだ』と

そして
くれよんの仲間が言いました

『くろくんってすごいね!!』と・・・

最後には、みんながくろくんの個性を認め
くろくんを否定していた仲間たちも
『くろくんってすごいね』と。

言葉としては表れていませんが
これは、『ごめんね!!』の意味だと思うのです

☆仲間はずれや、個性の違い

幼稚園児に限らず、大人でも・・・

個性が強かったり、苦手なことや出来ないことが多かったり・・・
そうなると仲間はずれになることがあります

私もどちらかというと個性、強めなので
そういった経験はあります

それぞれの個性を否定せず
悪いところばかりじゃなく良いところも必ずある‼️

そして、仲間はずれにされた時に
シャープペンのお兄さんのような
そんなお友達がいると
とても心強いですよね!!

子供達もそれぞれみんな違った個性を持っている

短所しかないと思われていたくろくんも
シャープペンのお兄さんが個性を引き出して・・・
そしてくろくんもまた他の色の仲間たちの良いところをひきだしたのです

☆みんなそれぞれ違う個性であって良い

人みんな違う個性であっていい

自分の長所も短所も全てがその人らしさ

大人が読んでも色々と考えさせられる内容の
絵本です

子供の心にも響くといいなぁ〜と思います

くれよんのくろくんシリーズには
他に3冊出ていまして

 

・くろくんとふしぎなともだち

 

・くろくんたちとおえかきえんそく

 

・くろくんとちいさいしろくん

 

そして、くれよんのくろくんシリーズ4冊セットも!!

 

他のシリーズもぜひ読んでみたい!!
そう思いました

お子さんとぜひ一緒に
くれよんのくろくんごっこを‼️

お子さんと、くれよんのくろくんごっこをするのも
楽しいですよ!!

 

白い紙にカラフルにお絵かきをして
真っ黒に塗りつぶし、シャープペンで削る‼️

私も子供の頃やったことがあります^^

 

100均ダイソーにも
こんな感じのものが売ってますが

 

 

 

 

ディズニーやスヌーピーなど可愛いキャラクターの
スクラッチアートで
くれよんのくろくんごっこをするのもいいかもしれません♡

実際にクレヨンですると楽しいですが
結構袖やテーブルが汚れます(笑)

絵本も、スクラッチアートも
ぜひお子さんと一緒に楽しんで見てくださいね‼️

ではでは^^