絵本4歳

ぼくのいえにけがはえて

今回の絵本紹介は

『ぼくのいえにけがはえて』です。

 

じゃららら じゃららん

しゅしゅるる るるるん

 

 

ぼくが めをさますことになった

この ふしぎなおとの 正体とは!!

 

 

じゃららら じゃららん

しゅしゅるる るるるん

 

たくさんの けが、

かぜに ゆれています。

 

ぼくは、いそいでとこやさんに

はしることになるのですが・・・

 

この、とこやさんが愉快な人!

 

 

 

とこやさんは、いえをみると

「うむむ」と、うなって

でんわをかけた先は・・・

 

ウーウーウーウーッ!

消防署だったんです。

 

 

消防士になった とこやさんに、

ホースで放水された

ぼくのいえの けは、

きりで しっとり ぬれています。

 

 

シャキシャキ シャシャシャ

カシャカシャ シュシュシュ

ショキショキ ショショショ

 

とこやさんは 楽しそうにハサミを

ならすのですが

 

また、どこかに電話をかけます。

 

あらわれたのは・・・

 

どすこい どすこい

おすもうさん!!

 

とこやさんの 電話はそれでは終わらず

あちこちにかけるのですが、

 

愉快なとこやさんの発想に

次はどこにかけるのかな??

 

って、ついつい期待しちゃう!!

 

さあ、けがはえたぼくのいえは

いったい、どうなるのでしょう☆