絵本2歳

なんでもだっこ!

今回の絵本紹介は『なんでもだっこ!』でーす。

この、優しい色合いのイラストに惹かれちゃいました☆そして、だっこというタイトルに、悪い絵本はない!!やっぱり、抱っこっていいなあっておもいました。

 

しゃきーん!とやってきた、むてきのだっこロボ。このロボ、だっこが得意!だっこならお任せ。みんなをメロメロにさせるんだって。なんでもかんでも、だきついていく、だっこロボ。イラストを見ている限り、抱きつかれた方は、笑ってなーーーい!!いたって無表情なんです。これって、だっこロボがただ抱きつきたいだけなんじゃないの?って思う絵で描かれています。むしろ、抱きつきてるのが邪魔なんじゃない(笑)

交通整備中のおまわりさん、花に水をやってるおばあさん、仕事中のサラリーマン、荷物を両手に抱えているおばさん。会う人みんなに抱きついて行ってる!!

それだけですまないのが、このだっこロボ。ベンチだって、ポストだって・・・木にも抱きついていってるわ。人を超えて、ものにまで手を出してる。いや、出しまくりです!!木に抱きついていると、通りかかった男の子なんて、変な目で見てるしね(笑)

え?無表情に見えるだけであって、みんな喜んでるの??

 

たまに、口角の上がった笑みを浮かべてる人もいたりする。でもね、ここにきて、だっこロボが活躍するんです!!とげとげで誰もだっこをしてくれなかったという、ハリネズミ。だっこロボなら大丈夫!完全防御でハリネズミを包み込んであげるんです。不可能はない、だっこロボ。そんなかれのエネルギーはというと・・・

ピザ☆ピザを食べて燃料満タンにしたら、また出動していきます。

ピザもいいけど、やっぱり一番のエネルギー補給と言ったら・・・

抱っこする方も抱っこされる方も、なんだか幸せを感じれていいなあって思いました。表紙の絵が特に全身で感じられます。

 

☆キャンベル,スコット☆
アメリカの絵本作家。イラストレーター、ゲームのデザイナー、コミック作家としても活躍している。サンフランシスコのアカデミー・オブ・アートでイラストレーションを学び、卒業後、子どものためのビデオゲーム制作にたずさわる。文章とイラストの両方を手がけたのは、『なんでもだっこ!』がはじめて。

☆せなあいこ☆

東京生まれ。同志社大学卒。英米の絵本の翻訳家。おもな訳書に『ケーキがやけたら、ね』、『ぱかぽこ はしろ!』、『あたし、うそついちゃった』、『やっぱり ノミタくん!』などがある。