絵本3歳

すいかのプール

今回の絵本紹介は『すいかのプール』でーす。

すいかのプール!本当にあるなら、一度は入ってみたい。さっくさっく、びちゃんびちゃん。すいかを歩く感触がとても伝わってきます。気持ちよさそ~う。

 

 

 

すいかが熟した日。すいかのプールの プール開きです。さっくさっくさっくと、早速、すいかのプールに入るおじいさん。すぽっと、種を抜き取って・・・、その穴に座り込むおじいさん。なんかね、プールというより、むしろ温泉!!この、すいかプールはね、その年によって、状況が色々。それはね・・・・ すいかの種の量!!去年は、種が多すぎて、泳ぎにくかったんだって。なるほど。確かに種が多いと邪魔だよね。

 

子どもたちが、浮き輪をかかえて、すいかプールを目指して走っていたり、文字数は少ないんだけど、背景でその情景がとても伝わってきます。

 

はしご登ったり、すいかのつるの上を登って行ったり、すいかの大きさが強調されてる!!そしてなにより、すいかの感触が!!めっちゃ伝わってくる☆

 

さっく さっく さっくと、すいかを歩く感触の音がたまんない!!すいかの実を投げ合っってたり、めっちゃ楽しそうで参加したいわ。

 

みんながすいかの水に浸かってる場面なんて・・・・、プールっていうより、やっぱり温泉。バシャバシャ泳いでる子より、気持ちよさそうに浸かってる子が多いのよ。

 

ね、最初に登場したおじいちゃん、まだ浸かってるでしょ。このおじいちゃんが、いい味だしてきてるのよ。この絵本には、欠かせられない登場人物!!

 

すいかの皮で、滑り台を作ってるんだけど、滑ってるのは、おばあちゃん!!えぇぇぇぇーー、おばあちゃん、大丈夫??って言いたくもなる。

 

この絵本、田舎の風景や、おじいちゃん、おばあちゃんのイラストに、ほっこりします。

文字数が少ないから、さっくさっく、など、すいかの擬音語がより際立っていい感じに、プールの気持ちよさが伝わってきてますよ☆

 

こんなプールがあったら、毎年楽しみだろうなぁ☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すいかのプール [ アンニョン・タル ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/9/8時点)

楽天で購入