絵本2歳

やっぱりおおかみ

今回の絵本紹介は『やっぱりおおかみ』でーす。

 

 

おおかみなんて、もうどこにもいないとみんなは思っていませんか?でも、本当はいっぴきだけ生き残っていたのです。ひとりぽっちのおおかみが、仲間探しをはじめますよ。

 

 

 

ひとりぼっちの おおかみは なかまをさがして まいにち うろついています。どこかに、誰かいないかな。

 

仲間がほしいな

でも うさぎなんか ごめんだ

 

 

そして、やぎの町、ぶたの町

 

みんな 仲間がいるから いいな

すごく賑やかで、楽しそうだ

 

だけど、みんなが逃げていきます。だって、おおかみなんだもん。
そんな時、おおかみの子は決まって言うんだよね。

「け」。

 

そりゃ、逃げられたら、「け」って言いたくもなるよね~

 

 

そんな時、おおかみは、ふと思うのです。

もしかして、しかになれたら、あそこで楽しく遊べるのに

 

でもね、おおかみはおおかみのままなんだよね。

 

 

おれに似た子はいないかな・・・って、家族仲良く、食卓を囲む牛の家を覗いてる姿が、なんだか切なくなってくる。

 

おれに似た子はいないんだ

 

墓場で寝そべって、落ち込むおおかみ。さあ、このままひとりぼっちなのでしょうか。切ないながらも、おおかみから、勇気ももらえますよ!!

 

1977年に発売された、佐々木マキさんの代表作のひとつ『やっぱりおおかみ』は、年齢を問わず、多くの人たちの心をひきつけます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集) [ 佐々木マキ ]
価格:990円(税込、送料無料) (2019/10/27時点)

楽天で購入