絵本3歳

よるのえんてい

今回の絵本紹介は『よるのえんてい』でーす。

 

 

「先生、さようなら」にぎやかに子どもたちが帰り、最後の先生が鍵をしめて帰ってしまうと、幼稚園の庭は、だれもいなくなって、さびしくなった……いえ、そうではないようです。ほら!夜の園庭には、びっくりするほど、いろいろな生きものたちがいますよ。

 

 

 

「せんせい、さようなら。」

「みなさん、さようなら。」

園庭に集まっていた子どもたちが、おうちに帰っていきます。先生たちも、みんなおうちに帰りました。

 

園庭は、もう からっぽ? って思うでしょ。とんでもない!!じゃあ、誰がいるかって思うよね。次のページからは、子どもたちのワクワクが待ってます。

 

さあ、ページをめくって~!!!!

 

 

 

ほらっ、 あかりの ところ。

 

 

いるいる!!こうもりに、蛾やら虫たちが、あかりに集まってきてる。そして、眺める猫。

 

園庭だけじゃなくて

 

 

 

ほらっ、 かべの ところ。

やもりだーーーー!!!あれ?プランターのところに、ちょこっと見えてるのは、さっき園庭にいてた、猫かな??

 

 

あっ、 あめ。

雨の園庭にも、生き物がいっぱい。

 

 

ページをめくるごとに、色んな園庭の場面があって、いろんな生き物が出てきます。

次は、どんな生き物が出てくるのかなって、ページをめくるのが楽しみになってくるんだよね。

 

そして、この絵本のポイント!

生き物に興味がもてる、問いかけがいっぱい。

例えば……

 

 

でて きたのは、どんな いきものたちでしょう。

って、聞いてきたり~

 

 

 

くぬぎの じゅえきには、 むしが あつまって います。

って、何をしているのかを考えさせてくれたり~

 

 

言葉は少ない絵本なんだけど、少ないなかで、楽しさをしっかり増してくれてます!!昆虫好きな、男の子にはたまんない絵本かもね☆

 

幼稚園に通っているお子さんに、みんなが帰ったらこんな感じだよ。って、伝えるのに使うのもいいし、純粋に生き物の生活を楽しんでもいいと思う!!夜の静かな絵本なので、寝る前の時間にもいいかも!!

 

言葉が少ない分、親子のやり取りを楽しめますよ♪