未分類

だんろのまえで

今回の絵本紹介は『だんろのまえで』でーす。

 

 

 

あるひ山の中でまよってしまったぼく。雪もふってきて寒くて、とっても疲れて歩いていました。すると、一本の大きな木にドアがついています。ぼくは休ませてもらおうとドアをあけると、そこには・・・・

 

 

山の中で道に迷ってしまったぼく。いっぽんの大きな木があり、ドアがついていました。疲れたぼくは、休ませてもらおうと、ドアをあけると・・・・

 

 

なかは まっくらでした。

 

 

 

「さむいから ドアを しめて こっちに おいで」と誰かが中から言いました。ぼくは、言われた通り、マッチをすって、ろうそくに火をつけるんだけど、この、マッチの火だけで、暖かさが伝わってくるんだよねぇ。

 

そして、次のページには1本のろうそく。これまた、暖かい!!

 

 

でもさ、この絵本のメインキャラクターは暖炉でしょ!!さあ、ここから暖炉のまえでのお話が進んでいきます。

 

 

あかあかと燃える、暖炉の火の前で、ぼくとうさぎは暖まっています。

 

その、うさぎが、なかなかいいことを言うんだよ!!

 

「つかれたら やすめば いいんだ、

むりしないで じっと してれば げんきに なるさ」

 

ぼくにそれだけを言うと、うさぎはずっと火を見てるの。

 

迷子になって、疲れているぼくへの、言葉なんだけど、なんかすごくメッセージが込められているでしょ!!

 

 

 

火が しずかに ゆらゆら燃える暖炉のまえで、

 

「ぼく、ここがすきだよ」

そういって、ぼくとうさぎも眠りにつくんだけど、その好きに対して、またうさぎがいいことを言うんです。

 

火をテーマにした、イラストを見ていて暖まるだけじゃない!!うさぎがぼくに言う言葉に、もう、心までも暖められますよ☆

自然の中で生活している画家・鈴木まもるが、実体験をもとに、あたたかな場所、そのままの姿を受け入れてくれる仲間のたいせつさ、そして、なにか根源的なゆるやかな時間を伝える絵本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

だんろのまえで [ 鈴木まもる ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2019/12/17時点)

楽天で購入