ロングセラー

ぞうのボタン

 

今回の絵本は『ぞうのボタン』です。

 

「ねずみくんのチョッキ」でお馴染みのうえのさんの作品。

 

ぞうさんのおなかに、4つのボタン。

ボタンをはずすと……

なんと!ぞうのおなかから、うまが出てきました!!

出てきた、うまにもボタンが4つ。

 

ボタンをはずすと、おなかから出てきたのは、らいおん!

そう!勿論らいおんにもボタンが4つあります。

 

もう、こうなったらパターンはお分かりですよね?

そのボタンをはずすと、中から出てきたのは…??

次から次へと動物が登場する楽しい絵本です。

 

そして、この絵本の最大の特徴は【文字がない】

文字がないことで、逆に子どもたちの想像力が大きく広がります。親としては自分の言葉で

子供と会話しながら本を楽しむことが出来るんですよね。

参加型にして、いろいろお喋りしながらこの本を紹介するのも楽しそうですが、あくまでも

無言で“間”だけをとって、ページをめくっていくという手段もお勧めます!

無言でじっくり絵を見ることで、より想像力が豊かになりますよ。

 

動物がおなかから次々と出てくるので、必然的に小さな動物になっていくのですが……

最後に意外な展開が待っています!

 

小さなねずみのおなかから出てきたのは、なんと!!!!!

 

衝撃な結末が、この絵本の楽しい見どころになっています☆

文字がなくても、最後まで楽しませてくれる1冊ですよ。

 

            【 ぞうのボタン 】       

作:うえの のりこ

1975年3月20日第1刷発行

2018年1月22日第45刷発行

発行所:冨山房