絵本2歳

いちにちおもちゃ

今回の絵本は『いちにちおもちゃ』です。

 

男の子が、「おもちゃって、たのしそうだな。」って思ったことにより

よし、いちにち おもちゃに なってみよう。っていう展開に!

男の子がいろんなおもちゃになっていく、というお話なんです。

 

いちにち くれよん!

 

ずりずりずり

いたたたた~

くれよんって、たいへんだなぁ。

って言ってる、男の子の顔よ(笑)

 

 

いちにち コマ!

ぐるぐるぐるー

おえ おえ~

コマって、たいへんだなぁ。

って言ってつ、男の子の顔よ(笑)

 

男の子が懲りずに、次々とおもちゃになっていくのですが、どれもこれも大変で。男の子の顔がどれも面白いことになっているんです。

男の子の表情から、おもちゃの大変さが伝わってくるのですが、それ以上に面白さの方がツボです。次は、どんなおもちゃになるのかな……。そして、男の子はどんな顔になるのかな……って、ついついそっちの期待が膨らんでしまいます。

 

男の子が、いちにちおもちゃになったことにより、おもちゃに対しての意識の変化が起こるんです!!いや、この気持ちはどの子にも持って欲しい!!って思う気持ちなんですよね。

言葉の少ない絵本なんですが、イラストの表現が面白く、子どもの心を鷲掴みにすること間違いナシ!のお勧め絵本です☆そして、文字数がすくないものの、この絵本の面白さがわかるのは、少し大きいお子さんかなと思います。

 

              【いちにちおもちゃ】

さく ふくべあきひろ
え かわしま ななえ
発行所 PHP研究所
2009年7月22日 第1版第1刷発行